小澤金物店。

100年ほどのかつての薬屋は、

 

金物店として新しい歴史を刻み始めた。

昔から手仕事やモノが好きだった小澤さんが

金物の魅力に出会ったのは大学生の頃。

大学卒業後に京都の金物店に就職し、

一流のモノ、一流の職人たちに囲まれながら、

 

金物を見る目を鍛えた。

小澤さんがここ越前市で自分の店を構えたのは

モノへの愛情に基づいた必然だと、

話しているうちに気づく。

和釘、ギボシ、鍵、引き手

金物の多様性が建築や家具に与える意匠が面白いという小澤さんの言葉が

 

目に見える形として表れたのが、ここ小澤金物店だ。

最初にこの町家を見た瞬間、

小澤さんの心は決まったという。

 

モノに対する愛情は、金物だけにとどまらない。

店を構成する床板、箪笥、暖簾、和釘の一本一本

絶妙な足し算引き算が調和して成り立っている、

 

ここは小澤さん流の空間なのだ。

これから自分の力で店をやってみたいという人に向けて、

小澤さんからメッセージをいただいた。

 

「やるからには面白いことをやってほしい。」

 

自分の心に忠実に

いつも自分の好きを探求する小澤さんからは

微塵の迷いも感じない。

 

こんなにも人を引きつける魅力が詰まった小澤金物店は、

 

まだまだ進化の途中だという。

小澤金物店

 

営業時間:9:00~18:00

 

定休日 :日曜日 ※ご来店の際は、事前のアポイントメントをお願い致します。

 

住所  :福井県越前市幸町4-2

 

電話番号:0778-42-5250

 

URL  :http://ozawakanamonoten.com/